コラム~たかが捻挫、されど捻挫

スポーツをする人であれば誰しも一度は受傷するくらい、発生頻度が高いのが足関節の捻挫です。靭帯の損傷ですので受傷直後は腫れと痛みが強いのですが、多くは2週間ほどで痛みは軽減しサポーターをつけてスポーツに復帰できます。多くの選手が”関節がゆるくなっている”とか、”捻挫が癖になっています”と口にするように、それほど重大に思われない怪我です。

ただ、最近気になるのですが、足の捻挫を繰り返している選手は、足関節の機能が悪くなっているようです。関節の可動域が狭かったり、つま先立ちでかかとの高く上がらなかったり。これではジャンプ力やダッシュ力にロスが生じます。さらには、肩、腰、股関節、膝など他の関節の障害を引き起こすとも思われます。このような状態を足関節捻挫の後遺障害と考えています。足を捻挫した時こそ、”たかが、、、”と思わずに、関節が腫れないように、そして不良な肢位で固まらないように、病院での初期治療が重要と思います。