コラム~なぜ年をとるとゴルフのスコアーが悪くなるか? 中高年ゴルファーへの理学療法

年をとるにしたがい、次第に胸郭や脊椎が硬くなり肩や腰が痛くなります。上半身や腰も十分の回らなくなって、飛距離が落ちたり、真っすぐ飛ばなくなったり、思ったようなスコアーが出なくなることが多いようです。このようなゴルファーの障害に対して当院では理学療法を行っています。疼痛の軽減に加えて、ドライバーの飛距離の延長やスコアーアップにつながる治療を目指しています。

お問い合わせは、adachiseikeiclinic@gmail.comまでお願いいたします。

副院長 加谷光規