コラム~サッカー選手のグロインペイン(鼠径部痛症候群)

ボールを蹴るときに脚(あし)の付け根の前側が痛くなる、ピッチで走っていると太ももの内側や肛門のまわりがギューっと痛くなる。これがグロインペイン(そけい部痛症候群)の典型的な症状で、サッカー選手によく起きる故障です。股関節の骨に衝突(インピンジメント)が起きたり股関節唇が損傷していると診断され、しばらくプレーを休むよう指示されることが多いと思います。今までの経験から考えていることは、骨や関節唇の問題というよりは股関節周囲の筋肉の攣縮(疲労)と筋肉の付着部の障害であることがむしろ多く、サッカーのキック動作で肩甲骨、胸郭そして骨盤が正しく動いていないことがその原因と考えています。当院ではこのような選手に筋膜リリース注射やサッカーのパフォーマンスに特化した理学療法を行ない、多くのサッカー選手の早期競技復帰のお手伝いをしています。サッカーを休むことなくプレーをしながら治療することが目標です。

グロインペインでお困りのサッカー選手の方は、adachiseikeiclinic@gmail.comまでお問い合わせください。

副院長 加谷光規