コンセプト

  • 地域住民の皆様への整形外科一般診療を行います
  • レクレーショナルからトップレベルのアスリートまで幅広いレベルに応じたスポーツ整形外科を展開します
  • 股関節鏡手術を駆使してアスリートのグロインペインに対する低侵襲治療を提供します

整形外科一般診療における当院の特徴

  • 1整形外科診療の大多数は頚部痛や腰痛に対応される体幹の疼痛、肩や膝に代表される関節痛です。このような疼痛に対して“痛みがなくなった状態で診察室から出ていただく”をモットーにした治療を行います。超音波エコー装置で疼痛の原因を正確に判断して、エコーガイド下に生理食塩水を注入する筋膜リリース療法を行います。急性頚部痛(寝違え)、急性腰痛症(ぎっくり腰)、肩こり、肩関節周囲炎などに対する治療効果は高いと考えています。
  • 2高齢者の運動器の疼痛(ロコモティブシンドローム)に対する運動器リハビリテーションを充実させます。
  • 3整形外科手術をご希望されても、いったいどこの病院を受診したらお分かりでない患者様はいらっしゃいませんか?
    骨折観血的手術、人工関節置換術、腰椎疾患の手術療法、肩関節鏡視下手術などなど高度医療を必要とする患者様
    には、医療コンシェルジュとしてその病態に即した最適な医療機関をご紹介いたします。

スポーツ整形外科としての当院の特徴

スポーツは人生に活力を与えます。学童児から老年者までスポーツをこよなく愛するアスリートをスポーツ整形外科という形でサポート致します。

  • 1あらゆる競技のアスリートへの対応
    “アスリートに痛みなく大好きなスポーツをしていただき、上手になっていただきたい”というのが私どもの医療の最大の目的です。

    レクレーショナルレベルからトップアスリートまで全てのアスリートのスポーツ外傷(怪我)と障害(故障)に対応します。捻挫、肉離れ、シンスプリント、オスグット病、投球障害肩、肘、腰椎分離症、アキレス腱付着部炎といったスポーツ障害の発生の根底には身体機能不全が存在しますので、その治療と再発の予防には身体機能へのアプローチが必要です。当院では、スポーツの経験の豊富な理学療法士が圧力波治療装置や超音波治療装置を駆使してアスリートの身体機能の破綻に対するアスレチックリハビリテーションを展開しスポーツ障害の発生の予防とパフォーマンスアップを目指しています。
  • 2生涯スポーツへの対応
    健康維持を目的として、ウオーキング、パークゴルフ、テニスなどを生涯スポーツと位置付ける壮老年期のアスリート人口が増加しています。このような壮老年期アスリートに対しても積極的に治療を行い健康維持をお手伝いします。
  • 3中高年者ゴルファーあるいはパークゴルファーへの対応
    中高年者のゴルファーの運動器障害に対しても積極的に治療を行います。年をとるにしたがい次第に胸郭や脊椎の可動域が低下して肩甲部の痛みや腰痛が発生します。このようなゴルファーの障害に対してゴルフ理学療法を行います。疼痛の軽減に加えて、ドライバー飛距離の延長やスコアーアップにつながる治療を目指しています。

アスリートのグロインペインに対する股関節鏡手術

大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)や股関節周囲炎アスリートの股関節障害が注目されています。私は本邦で先駆けて股関節鏡手術を取り入れました。今までの手術件数は600例を越え、道内のみならず本邦でもトップレベルの手術経験を有するようになり、レクリエーションレベルからトップアスリートまで多くの選手の競技復帰のお手伝いをしています。

専門の理学療法士と共同で股関節機能評価を行い、股関節痛の原因を調べ、まずは質の高いアスレティックトレーニングを行ないます。

  • 1手術治療を要する場合には、股関節鏡手術を行ないます。1cm程度の傷数カ所で手術を行なう低侵襲手術ですので、入院は3日程度と早期の社会復帰が可能です。
  • 2術後も専門の理学療法士によるトレーニングを継続し、競技復帰までサポート致します。
  • 3術後約2週間で競技復帰が可能です。

野球、サッカー、バスケットボール、アイスホッケーのみならず他の競技の選手でも、股関節に痛みや違和感がある場合には一度ご相談下さい。最近では、クラシックバーレーや新体操などの選手にも同じような障害があることが解ってきました。楽しく競技を継続するためにも早期発見、早期治療が必要です。

当院のアスリートの股関節障害の治療

  • 股関節鏡手術による低侵襲治療を実践します。
  • 本邦でもトップレベルの症例数を有します。
  • 高水準のパフォーマンスの“超”早期回復を目指します。